市場案内

中国最大卸売市場は義鳥福田市場、深圳華強北、広州市場と三つに分けられてます。

白い珠子ライナーは三つの市場の近くに拠点を持つ豊富な経験をもとにクライアント様の求める商品を製作できる技術を持ったサプライヤーを探し、条件交渉を行います。世界にたった一つのオンリーワン商品を開発したいクライアント様のお手伝いをします。

中国は日本とは商習慣も違えば考え方も違いがあり、日本では当たり前のことが中国では当たり前ではありません。中国輸入では不良品だらけなのに返品が出来なかったり、頼んだ商品が1か月たっても届かなかったり、梱包がひどくて商品が破損していたりといったトラブルがよくあります。
白い珠子ライナーには義烏国際商貿城(福田市場)を歩き慣れたスタッフが駐在しています。福田市場は2002年に開業と、まだ新しいだけあって信用取引です。義烏は国際貿易特区として指定されており、物流面が発達しているので貿易には優位です。毎回しっかり仕事してこういったトラブルをほぼなくす。
それは1品1品をちゃんと検品して、こちらからの要望をしっかり聞いて漏らさずに行動してくれるからです。

義鳥市場
アジア最大の卸売市場と言われる義烏市にある義烏国際商貿城(福田市場)、日本国内で販売されている中国製品の多くはこの市場で取引されています。義烏小商品市場は通称福田市場と言わる義烏市にあるメインの卸売り市場で、幕張やインテックス大阪のような常設ブースが約6万軒ある世界最大の日用雑貨卸し売り市場で、170 万種 類以上の商品が扱われています。東京ドーム30 個分の広さがあり、家電製品、玩具、化粧品、手工芸品、衣料品、寝具、革製品、家具、文房具、ニット製品など手に入らないものはないと言われてます。

深圳市場
「世界の工場」深センの中心部には、世界中の家電マニア、発明家、ブローカーを夢中にする巨大電気街「華強北」が存在する。1万店舗以上の電気店・パーツ問屋が集中し、「ここにない部品はこの世にない」

広州市場
世界の市場としても有名な都市広州から隣都市からの商品も広州に集まってきます。アパレル商品や雑貨などの産地として有名です。広州の製品市場では市場の在庫商品なら通常3~5個/色などの少量から仕入れ可能、100個/色等大きな注文の場合値格が下がることもあります。在庫が切れている場合はロットや納期が合えば生産も可能です。

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On PinterestVisit Us On Instagram